HOME一般の健康相談TOP>相談事例(整形外科)

メディカルアシストとは?

整形外科

女性(20代/家族からの相談)

足の肉腫で受診している。先日の検査で転移はないと言われたが、足の付け根にしこりができているようだ。これは転移だろうか。次回の受診時まで待たずに受診した方がいいだろうか。

⇒転移かそうでないかは検査をしてみないと分からないと思います。足の付け根であれば、肉腫以外にもリンパの問題の可能性も考えられます。次回受診まで待たずに早めの受診をおすすめします。

女性(20代)

スキー場で人に当てられた。吐き気と打撲があったので救急外来で骨と頭を調べたが、異常がないと言われ、以後の受診はしていない。右肩の鎖骨の延長上にコブがあり腫脹・熱感がある。家庭ではどのようなシップがよいか。肩は上に動かすことが痛くてできない。左肩も少し痛い。

⇒時間が経過した打撲等は温めるシップも用いますが、熱感・腫脹も続いているようなので、市販薬であれば冷やすタイプを使って安静にすることをおすすめします。ただし、20日間症状が持続しているので、整形外科の受診をおすすめします。

男性(30代)

腰痛でボルタレンを処方されている。薬剤の説明書に炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジンを抑えると 書いてあるが、このプロスタグランジンとは何ですか。

⇒プロスタグランジンとはさまざまな強い生理作用がある生理活性物質の一種で、血流増加作用や炎症時に放出され、発熱などの作用があります。これを抑えるためにNSAIDsとよばれる非ステロイド性抗炎症薬のボルタレンなどが処方されるようです。

男性(30代)

2日前から腰に痛みがあって姿勢を変えるのも辛く、生活に支障がある。昨日整骨院で電気治療とマッサージをしてもらったが。

⇒整骨院では診断ができませんので、整形外科での受診をおすすめします。(診療可能な医療機関を案内)

男性(40代)

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)の手術を勧められている。手術件数の多い病院を教えてほしい。

⇒(専門医療機関を案内)

男性(40代)

昨日、無理な姿勢をとったところ膝の裏に物がぶつかったような衝撃があって歩けなくなった。冷罨法を施して安静にしていたら本日は痛みが軽減したが、歩行が困難だ。

⇒膝の裏なども靱帯を痛めやすい場所です。痛みが消失したとしても歩行困難なのであれば、整形外科の受診をおすすめします。

女性(50代)

足の裏が痛い。以前は、右だけだったが最近は左にも違和感がある。仕事柄正座していることが多く、生活上も正座が多い。冷感、色の変化はない。

⇒膝の裏には筋肉や腱、神経、血管などがあります。色の変化や冷感などはないようですので、まずは整形外科での受診をおすすめします。