HOME緊急医療相談TOP>相談事例(成人 痙攣(けいれん) | 麻痺(まひ) | 異物)

メディカルアシストとは?

成人

痙攣
(けいれん)

女性(65歳)
2年前に脳動脈瘤の手術を受けた。その後、抗痙攣(けいれん)剤の投薬を徐々に減らして10日前に中止している。今夜、入眠中に大腿部がつったが、救急で受診したほうがいいだろうか。

⇒現在、症状が治まっているようなら、明日手術を受けた医療機関に受診してください。ただ、再度症状が出たり、別の部位に広がるようなら救急受診をおすすめします。

麻痺(まひ)

男性(67歳)
一昨日の午後から口が曲がって水が漏れる。昨日の午後から、右眼から涙が出て痛むようになり、今日になって左側に顔全体が引っ張られるようになった。体の麻痺はない。緊急で受診が必要か。

⇒顔の神経麻痺(まひ)が疑われますが、麻痺(まひ)の原因が脳血管疾患の可能性も否定できないと判断し、受診をおすすめします。(相談時に受診可能な医療機関を案内)

異物

女性(67歳)
夕食の汁の鮭の骨が喉に刺さったようだ。ご飯を飲み込んだりして様子をみたが、今でも痛みはないものの異物感がある。

⇒痛みが強くなければ今晩は様子を見て明日の朝に受診を、徐々に痛みや違和感が強くなるようなら救急受診をおすすめします。食べたり飲み込んだりして取り除こうとすると、骨を奥に押し込んでしまう危険性もありますので注意してください。(相談時に受診可能な医療機関を案内)